ぴょんぴょん集会(全校)2016.1.23
1月23日、縦割り班ごとに大縄で8の字跳びを競う「ぴょんぴょん集会」を開催しました。これまで毎日練習した成果を発揮すべく、みんなが励まし合って跳びました。高学年の子が低学年の子に「はい、今!」と跳ぶタイミングを教えたり縄の回し方を工夫したりするなど、上級生が下級生をサポートする姿も見られました。優勝チームは、3分間×4度のチャレンジで合計530回跳んだ青色チームでした。

 いのちの授業(4年生)2016.1.23
1月23日、ボランティア団体「エフ・フィールド」さんの出前授業「いのちの授業」を開催しました。100歳を超えるお医者さん(日野原重明先生)の体験を元に制作されたDVD「十歳のきみへいのちの授業」を鑑賞し、「いのちの大切さ」や「自分のための時間と他人のための時間の違い」、「相手をゆるす勇気がいじめをしない・させない第一歩になること」などを学びました。その後、聴診器で自分の心臓、仲間や先生の心臓の音を聴き合って、命の存在を実感しました。

 和く輪くもちつき大会2015.12.12
12月12日、絶好の日和の下、もちつき大会が盛大に開催されました。この日を楽しみにしていた児童・幼児135名を含む総勢230名の一大イベントとなりました。もちつき体験の他、なばな餅・きなこ餅・しょうゆ餅・大根おろし餅・ポテトチップス餅、豚汁の前に行列ができ、満腹になるまでおかわりしていました。数日前からボランティアの方々が準備していただき、当日も朝からたくさんの保護者・地域の方々がお手伝いにきていただいたおかげで大成功に終わりました。

 環境ボランティア委員会の活動2015.12.10
12月10日、リサイクル活動で児童たちが家庭から持ち寄ったペットボトルキャップをNPO団体「和かなの会」に寄付しました。環境ボランティア委員会の児童が「お願いします」とお渡しし、車に運び込むまでお手伝いしました。ポリ袋4袋分のキャップは、「和かなの会」を通じてポリオワクチンに換える運動に役立てていただきます。

 廃品回収(PTA・地域・児童)2015.12.9
年3回、地域・保護者・児童・教職員が一体となった廃品回収を30年以上継続して実施しています。地域の方々や事業所、各家庭、学校の児童や職員たちが持ち寄った廃品を、PTAが助け合いながら選別し、地域のリサイクルセンターに回収していただいています。児童の環境美化・奉仕・協力等の精神の育成にもつながっています。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26
[編集]
CGI-design